第20回 医療情報学連合大会
(第1回 日本医療情報学会学術大会)

演題募集要項
演題募集要項(PDF形式,424Kバイト,全8ページ版)のダウンロード
演題募集要項(PDF形式,10Kバイト,要項のみ2ページ版)のダウンロード

※PDFファイルを閲覧するためには,フリーソフトウェアとしてAdobe (R)Acrobat (R) Reader 4.0 などが必要です
 Acrobat (R) Reader 4.0 は,http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep.html を参照して入手して下さい.

演題応募資格について:昨年までの大会と同様に,発表者,参加者ともに日本医療情報学会員である必要はありません.どなたでも発表できます.(D.応募資格を参照下さい.)
A.公募日程
   1)演題申込締切:2000年6月15日(木)(郵送の場合・消印有効)

            2000年6月30日(金)(Webにて・正午締切)

   2)採否通知:2000年7月31日(月)(論文集原稿の作成要項送付)

   3)採用演題論文提出締切:2000年8月31日(木)(必着,遅れたものは取り消しになります)
  

B.公募内容

発表形式 発表時間 応募抄録字数 論文集原稿
一般口演 8分程度 和文800字以内 B5版2ページ
ポスター 3日間展示 和文800字以内 B5版2ページ
HyperDEMO 3日間展示 和文800字以内 B5版2ページ
補足

 1)ご応募いただいた抄録はプログラム委員会での審査のほか,本年より大会プログラム集にも抄録とし
  て掲載されます.審査によってほかの発表形式をお願いすることがあります.あらかじめご了承下さい.
  
 2)一般口演会場では,スライド,OHPが利用できます.また,液晶プロジェクタはHD-D-Sub15ピン
  タイプ(3列配置) ,XGA(1024×768) まで対応の機種を用意いたしますが,使用には発表者による機器
  (ノートパソコン)の持ち込みが条件となります.昨年までとは異なり,大会側でのパソコン・ソフト
  ウエアの準備はいたしませんので,ご注意ください.
  また,HyperDEMO会場以外では外部へのネットワーク接続環境は提供いたしません.
 3)ポスターおよびHyperDEMOでは,発表者は学会期間中に質問等を受ける時間帯に自分の小間の前で
  待機していただきます.この時間帯は1時間を1単位とし,1日に午前・午後の2単位を設定,会期3
  日間6単位のうち,最低2単位を演者が選択することになります.
 4)HyperDEMOについては,本冊子の解説をご覧下さい.ここでの使用機材は発表者が準備して下さい.
  外部へのネットワーク接続は大会側で準備いたします.電源等も含め詳細については別途,発表申
  込者にお知らせします.
 

C.優秀演題賞の表彰
 本大会の全演題の中から,総合,ベストポスター,ベストHyperDEMO,U−35(若手奨励賞),企業筆頭演者,の5つのカテゴリーにごとに優秀演題賞を選考,表彰いたします.日程終了後に選考委員会を開催,翌年の日本医療情報学会シンポジウムで表彰する予定です.
(U−35は,1965年4月1日以降出生の筆頭演者を対象とします.)


D.応募資格
 発表者,参加者とも日本医療情報学会員である必要はありません.どなたでも発表できます.発表者1名につき合計2演題まで応募することができますが,同一発表形式に複数の演題を応募することはできません.


E.応募の条件
 本大会への応募演題の抄録ならびに論文の版権は,日本医療情報学会に帰属します.


F.演題申込要領
 以下の方法のいずれかでお申し込み下さい.なお,郵送の場合,期限後の消印があるものは開封せずに返送いたします.またWWWの応募用のページは,締切日の正午をもって閉鎖となります.
事務処理上,WWWによる応募にご協力下さい.)
  
 1)WWW:大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)のオンライン学術集会演題抄録登録システムを
       利用します.応募ページへ
       なお,登録サーバは UMIN サイト中で運用されますが,運営は大会で行いますので UMIN
       へのお問い合わせはなさらないようお願いいたします
  
 2)郵 送:本要項に添付した演題申込書に記入して,市販の封筒おもて面に必ず「演題申込書在中」と
       朱書きの上,事務局演題募集係まで郵送して下さい.宛先は演題申込書に記してあります.
       局留め制度を利用しているため,宅配便業者などはご利用になれません.
       演題応募申込書のダウンロード (PDF形式,7Kバイト)


G.演題受領通知
 応募演題には,演題受領通知を電子メールまたは郵便はがきで発送します.募集締切後10日を過ぎても受領通知が届かない場合は,大会事務局までお問い合わせ下さい.
 

H.採否結果通知 
 審査結果は7月31日(月)に通知の予定です.採択の場合は,論文集原稿の作成要項を郵送します.
 

I.論文集原稿作成方法
 本年から論文集の作成について,科学技術振興事業団(JST)の協力が得られなくなりました.論文集は,参加者に配布される論文CD-ROM,および一般販売される出版物の論文集の2つの形態となります.
 論文集に掲載する原稿は全員にフロッピィディスクをお送りし,そこに今回の論文集用に定義した DTDに則った XML文書,および画像ファイルを入力し提出していただきます.
 採択された発表者にお送りするフロッピィディスクには,原稿作成の要綱,サンプルおよび雛型が入っておりますので,雛型をコピーして原稿の作成を行ってください.原稿は雛型の各項目の内容を入力するだけで作成できるようになっています.図,表,および特殊な表記が必要となる式等は画像ファイル(GIF, PNG, TIFF, JPEG)として作成していただきます.字数は,字数に換算された画像ファイルを含めて 3,400字前後です.
 送られたフロッピィディスクのデータを用いて,大会側でオンライン表示用のWeb ページデータ,プリント用の PDFファイル,および2ページの出版用印刷原稿を作成します.タイトル,本文,図表などのレイアウトについては大会側に一任させていただきます.
 CD-ROM版論文集には,オンライン表示用の Web ページおよびプリント用のPDFファイルが入りますので,パソコンなどによって表示および印刷が出来ます.


J.論文集原稿締切
 8月31日(木)(必着)までにご提出下さい.期日までに提出のない湯合は演題取り消しと見なします.また,期限に遅れて届いたものについては開封せずに送り返しますので,演題取り消しとお考え下さい.


Last updated June 13, 2000. Copyright 1999-2000, Department. of Medical Infomatics, Hama-med.ac.jp.            TOPへもどる