ランチョンセミナー
Luncheon Seminar

D・E会場:各日とも 12:05〜13:20

 医療情報学連合大会では,本大会よりランチョンセミナーを開催いたします.各企業による最新事例紹介等の講演を,浜松のおいしいお弁当とともにお楽しみ下さい.
 なお,各セミナーともにお弁当の数には限りがございます.先着順にて対応させていただきますので,予めご了承下さい.ただし,3−D−2セッションのみ,一部事前申込を受け付けております.
第1日目,おかげさまで大盛況でした.(会場が明るく見えるのはデジカメのためです)

<1−D−2>『電子カルテ』(提供:富士通・三菱電機日本電気 /3社共同)

<富士通セッション>
タイトル:医療情報システムへの取り組み
  演者:富士通株式会社 公共営業本部 医療統括部
       医療第一営業部 岩津 聖二
  概要:富士通の電子カルテソリューションでは、「技術」プラス「サービス」
     により企画から運用までを一貫してご支援しております。

<三菱電機セッション>
タイトル:三菱電機の電子カルテの現状と次世代電子カルテへの取り組み
  演者:三菱電機株式会社 病院・医療事業部
       企画部 第一課 課長代理 茗原 秀幸
  概要:三菱病院情報システムDIAKARTEの開発の背景、コンセプト、
     主な機能と次世代電子カルテに向けた将来計画についてご説明させて
     頂きます。

<NECセッション>
タイトル:中小病院における電子カルテの導入事例
  演者:株式会社シーエスアイ 営業部 マネージャ 宮崎 寛和
  概要:毎日使うシステムだから・・・
     直感的操作性を重視したHS−MIRAIsは患者サービスや
     医師・スタッフ、経営に役立つ機能でいっぱいです。


秋の味覚、松茸。香り豊かな国産松茸を使用した「松茸こばん幕の内」

<1−E−2>『検査情報システム』
                   (提供:株式会社 エイアンドティー

1.演題:出現実績ゾーン法による検査結果検証システム
  演者:株式会社エイアンドティー  堀本 光

2.演題:CLINIEEL Server  -Zone model- の紹介
  演者:株式会社エイアンドティー   吉野 誠

内容紹介
「出現実績ゾーン法」と「CLINIEEL Server」を紹介いたします。
出現実績ゾーン法は、検査データベースを利用し、臨床検査結果をリアルタイムに
検証する方法です。日数別の前回値比較(同一患者)と、依頼項目間の関係を
実データの分布(出現実績)に基づいて判定する、信頼性の高い検証方法です。
CLINIEEL Serverはその製品で、オープンな検証と、患者属性に基づく多面的な
出現実績解析をビジュアルに提供します。


浜松といえば、やっぱりウナギ。大会ロゴマークもウナギです.ドーンと 「うな重」

<2−E−3>『医療情報ネットワークによるシステム構築』
                   (提供:シスメックス 株式会社

1.演題:Webによる医療(POCTなど)支援システムの試み
  演者:シスメックス(株)IT部 開発課 武田 昌彦

2.演題:血液細胞画像ファイリングシステム「LAFIA」による画像情報の院内
     および施設間のコンサルテーション事例
  演者:慶應義塾大学医学部 中央臨床検査部 三ツ橋 雄之

内容紹介
今日の医療業界における情報ネットワーク技術の発展は目覚しいものがある。
このような環境の中で、医療はITの活用により検査室外の情報収集、診療側
への情報公開、病院間連携による情報の共有化がさらに進んでいくことが予想
される。
今回は、現状のインフラによる医療情報ネットワークのシステム構築のあり方
と将来の展望・課題について述べる。


遠州灘の漁師料理、ウナギご飯の木飯(ぼくめし) .幕の内弁当に仕上げた「木飯幕の内」

<3−D−2>『大学・研究機関の環境におけるセキュリティを考える』
                 (提供:ネットワンシステムズ 株式会社

最近では、大学・研究機関の環境においても、一定水準以上のセキュリティ対策が
求められることが一般的になりつつある。 しかし、教育・研究の場である大学や
研究機関では、セキュリティを強化すると、企業の場合とは異なる、様々な問題が
生じることが多い。本セミナーでは、そうした問題点を整理し、それを乗り越えて
導入を成功させるポイントについて考える。

演者:白橋明弘
(1962年東京生まれ、東京大学理学系大学院修士課程終了。文部省高エネルギー物理学研究所に
勤務後、東京大学理学部にてTISN(国際理学ネットワーク)運営に携わる。
1995年よりネットワンシステムズ(株)に勤務、現在応用技術第1部部長。JPNIC運営委員、
JPCERT/CC運営委員も勤める。最近はネットワーク・セキュリティを中心として仕事をしている。)



くどいようですが、やっぱりウナギ.第1日目に食べ逃した方のためにも再登場.
もちろん国産、浜名湖のウナギです.何度食べてもおいしい「うな重」
ネットワンシステムズ(株)のサイトで事前申込を受け付けております
(事前申込可能なものは,現在のところ本3-D-2セッションのみです.)


<3−E−3>『病院情報システム』
 (提供:ニーズクリエイター/トーショー・日本IBM・日本電気 /3社共同)

<ニーズクリエイター株式会社/株式会社トーショー 合同セッション>
タイトル:手術室総合管理システム「Medicine Route」のご紹介
  演者:ニーズクリエイター株式会社 東京支店営業2課 課長 越田 敏巨
  概要:本システムは、手術室予約・スケジュール管理・手術中の記録
     (麻酔開始終了時間・術者・看護婦・使用薬剤 等)及び出力が
     出来る手術室総合管理システムです。

<日本IBMセッション>
タイトル:医療分野における音声認識システムの実用事例
  演者:日本IBM(未定)
  概要:弊社では音声認識・入力システムとして「ViaVoice
     を販売いたしております。今回は医療現場における本製品の
     利用事例をご紹介いたします。

<NECセッション>
タイトル:EBMを志向した電子カルテシステム「MegaOak-NEMR」のご紹介
  演者:日本電気株式会社NECソリューションズ医療ソリューション事業部
     事業推進部 大越 厚
  概要:「MegaOak-NEMR」は医療機関における診療記録や各種情報を高
     信頼かつ安全にデータベース化し、日々の診療に最適なかたちで
     役立てる電子カルテシステムです。EBM実現に向けた基礎データ
     の蓄積が可能です。


この秋収穫した国産の栗を贅沢に.上品な甘みと穏やかな芳香で秋の静を彩る「栗ご飯」

★大会事務局の努力?

luncheon は、もともと「軽食」の意味合いで用いられますが,浜松医大の
特色を、との想いから、しっかりとした昼食のご用意をさせていただきました.
数に限りがございますが、ぜひご賞味下さい.
もちろん、セミナー内容にもきちんと耳を傾けて下さい.
お弁当だけが目当てというのは、マナー違反です.

☆ お弁当を吟味する浜松医大スタッフ.今回のお弁当はすべて特別注文です.

Last updated November 24, 2000.
Copyright 1999-2000, Department. of Medical Infomatics, Hama-med.ac.jp.
大会サイトTOPへもどる