座長要領

座長要領

 第20回医療情報学連合大会において、座長をお引き受けいただき、誠にありがとうございます。今回のセッション運営は、第17回の時とほぼ同様で、発表後の質疑に時間をたっぷり取る方針です。以下をお読みいただき、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。


 ・連絡先

   本件に関するご質問は、FAXまたはメールでお願いします。

 ・事務局
   FAX. 053-435-2769
   jcmi2000@mi.hama-med.ac.jp

 また、会期中は、緊急の場合のみ、以下にご連絡ください。

  大会事務局
  研修交流センター4階402号室
  TEL. 053-451-1112 (アクトシティ大代表)内線3471




重要な事項

・一般口演の演者発表時間は8分です。1演題あたり15分を確保してありますが、残りは質疑などのためです。

・今回はプロジェクターでの発表の場合、演者がPCを持参することになります。いろいろトラブルの可能性がありますが、座長の先生方にセッションの進行の権限をお渡ししますので、的確な判断をお願いします

・事前に論文集はお送りいたしませんが、Web上でご覧いただけるように致しましたので、ご利用ください。



1.一般口演

・ご担当セッション15分前までに、演者・座長受付においでください。そこで、到着確認の上、アンケート用紙をお受け取りください。それぞれの会場の受付は、以下のとおりです;

  A会場:会場前ロビー右手
  B・C会場:アクトタワー7階、エスカレータ前(C会場入口)
  D・E会場:展示イベントホール1階、学会登録の向かい(D・E会場入口)
  F・G・H会場:研修交流センター5階ロビー(G・H会場前)

プログラム上、1演題15分の枠がありますが、発表時間は8分です。これプラス個別演題質疑が4分で、1演題あたり12分です。残りの1演題あたり3分は、座長の皆様にお渡しします。
 6演題のセッションの場合、座長持分は18分になります。これを、個別質疑が白熱した際、ご判断で延長に投入して頂いて結構ですし、最後にまとめて討論して頂いても結構です。また、セッションを早く終わって頂いても結構です。
 但し、個別の発表の8分の延長は絶対に許さないで下さい。10分を越えて発表を続ける場合、即座に中止させてください。
 個別質疑が4分までで終わった場合、余った時間は座長持分に加えてください。

計時をお願いします。座長卓の計時器をスタートさせて下さい。計時器は任意の時間にセットすることができます。演者卓に残り時間や警告などが出ます。ただし、今回はPC操作など、演者が演者卓を離れて発表する可能性が多く、随時、口頭でもお願いします。

プロジェクターでの発表に不具合が発生した場合、3分を目処にOHPでの発表への切り替えを指示して下さい。発表者にはバックアップ用OHPの準備を指示しておりますが、用意のない場合、口頭のみの発表になります。

・各会場には、質問用マイクを固定で設置しています。質問者には、マイクまで進んで発言する様指示して下さい。特にD・E会場は聴衆にレシーバーを渡しますので、マイクを使わないとほとんど聞こえませんので、よろしくお願いします。

・各会場には、会場担当者(実行委員)を配置します。進行上不測の事態が生じた場合には、会場担当者に対応および本部への連絡をご指示ください。

・最後に、発表者が時間を守ったかどうか、質疑が十分あったかどうか、発表メディアの種類と、トラブルの有無について、アンケートに記入の上、受付の箱に投函いただき、終了です。ありがとうございました。



2.オーガナイズドセッション

・ご担当セッション15分前までに、演者・座長受付においでください。そこで、到着確認の上、アンケート用紙をお受け取りください。それぞれの会場の受付は、以下のとおりです;

  A会場:会場前ロビー右手
  B・C会場:アクトタワー7階、エスカレータ前(C会場入口)
  D・E会場:展示イベントホール1階、学会登録の向かい(D・E会場入口)
  F・G・H会場:研修交流センター5階ロビー(G・H会場前)

・プログラム上、たっぷりと時間は取ってありますが、一般演題からピックアップしたものについては、1演題発表時間は8分です。発表の様子も賞の選考要素であり、他の演題と不公平になりますので、厳守してください。
 これ以外は、質問時間、討議時間など、時間枠の範囲内で自由に運営して頂いて結構です。

計時をお願いします。座長卓の計時器をスタートさせて下さい。演者卓に残り時間や警告などが出ます。ただし、今回はPC操作など、演者が演者卓を離れて発表する可能性が多く、随時、口頭でもお願いします。

・プロジェクターでの発表に不具合が発生した場合、3分を目処OHPでの発表への切り替えを指示して下さい。発表者にはバックアップ用OHPの準備を指示しておりますが、用意のない場合、口頭のみの発表になります。

・各会場には、質問用マイクを固定で設置しています。質問者には、マイクまで進んで発言する様指示して下さい。特にD・E会場は聴衆にレシーバーを渡しますので、マイクを使わないとほとんど聞こえませんので、よろしくお願いします。

・各会場には、会場担当者(実行委員)を配置します。進行上不測の事態が生じた場合には、会場担当者に対応および本部への連絡をご指示ください。

・最後に、発表者が時間を守ったかどうか、質疑が十分あったかどうか、発表メディアの種類と、トラブルの有無について、アンケートに記入の上、受付の箱に投函いただき、終了です。ありがとうございました。



3.シンポジウム、パネル、ワークショップ

・ご担当セッション15分前までに、演者・座長受付においでください。そこで、到着確認の上、アンケート用紙をお受け取りください。それぞれの会場の受付は、以下のとおりです;

  A会場:会場前ロビー右手
  B・C会場:アクトタワー7階、エスカレータ前(C会場入口)
  D・E会場:展示イベントホール1階、学会登録の向かい(D・E会場入口)
  F・G・H会場:研修交流センター5階ロビー(G・H会場前)

・セッション進行は、すでにお送りした時間内訳に基づいてお願いします。

計時をお願いします。座長卓の計時器をスタートさせて下さい。演者卓に残り時間や警告などが出ます。ただし、今回はPC操作など、演者が演者卓を離れて発表する可能性が多く、随時、口頭でもお願いします。

・プロジェクターでの発表に不具合が発生した場合、3分を目処にOHPでの発表への切り替えを指示して下さい。発表者にはバックアップ用OHPの準備を指示しておりますが、用意のない場合、口頭のみの発表になります。

・各会場には、質問用マイクを固定で設置しています。質問者には、マイクまで進んで発言する様指示して下さい。特にD・E会場は聴衆にレシーバーを渡しますので、マイクを使わないとほとんど聞こえませんので、よろしくお願いします。

・各会場には、会場担当者(実行委員)を配置します。進行上不測の事態が生じた場合には、会場担当者に対応および本部への連絡をご指示ください。

・最後に、発表者が時間を守ったかどうか、質疑が十分あったかどうか、発表メディアの種類と、トラブルの有無について、アンケートに記入の上、受付の箱に投函いただき、終了です。ありがとうございました。


Last updated November 11, 2000.
Copyright 1999-2000, Department. of Medical Infomatics, Hama-med.ac.jp.
大会サイトTOPへもどる